陸上競技

寮歌を熱唱するヒルさん(右)=93年7月11日、長野県松本市の寮歌祭で/遺族撮影

寮歌を熱唱するヒルさん(右)=93年7月11日、長野県松本市の寮歌祭で/遺族撮影

蛭川幸茂(ひるかわ ゆきしげ)さんは名古屋大学で数学を教えていらした先生で、生徒にとても評判の良かった先生です。陸上をこよなく愛され、オリンピックでも解説されたことがあるとかでとても有名な先生でした。そんな先生も平成11年1月29日に逝去されました。95歳でした。
私は、蛭川先生の飾り気のないまっすぐな人柄を記憶に留めたくて、平成11年2月17日(水)の朝日新聞夕刊「にゅうす らうんじ惜別」に掲載されていた記事を原文のままここに紹介します。
タイトルは、「自由を愛したヒル公」です。

フジミックス


 「バッキャロー」が口癖だった。ベランメエ調の数学教授。拘束の少ない旧制高校を心から愛し、生徒から「ヒル公」のあだなで慕われた。
 長野県松本市の旧制高校記念館に、当時の授業風景をパネルなどで伝える「ヒル公」のコーナーがある。「どくとるマンボウ青春記」にもこの名前で登場した、作者で松高OBの北杜夫さんは「松高で最も愉快な名物教授でした」と懐かしむ。
 東京生まれ。東京帝国大学理学部を卒業し、1926年、松高に赴任した。身なりが汚く、物売りと間違えられて追い払われる初日だった。
 落第点を付けなかった。名前を書いただけで50点。「君たちのような有能な人材を落第させるわけにはいかない」という理由だ。
 陸上競技部の部長だった。荒縄を帯び代わりにした着流し姿で、寮歌を高らかに歌いながら部員を引き連れて街を練り歩いた。遠征先の旅館では裸踊りをして部員と騒いだ。陸上競技のスタートピストルを手に、明け方、熟睡している部員を起こしたことも。
 戦後、6334制の施行で松高が信州大学になると、「自由に振る舞えない」と教授のいすをあっさり捨てた。
 「無垢な連中を育てる方が性に合う」と、50年、松本市郊外の小学校の代用教員に。そこでも教科書や指導要領をそっちのけにし、校長と折り合わず。4年でやめた。
 54年、知人の紹介で名古屋市近郊の愛知学院大学へ。陸上競技部を創設して、25年近く、監督、部長を務めた。
 「青春のもやもやなんて、グラウンドでヘトヘトになるまで汗を流せば吹き飛んでしまう」が持論だった。
 寂しい顔をすることもあった。「優ばかりほしがる学生が多い。旧制高校生は点数なんて気にしなかった」
 青春時代をおう歌する「寮歌祭」がどこかで開かれると、必ず顔を出した。80歳を超えてからも100m走で20秒を切れるのが自慢だった。
 3年前、教え子らが発起人になって妻久子さん(91)の米寿の記念式を開いたとき、約100人が集まった。出席できない断りのはがきも800通。いかに慕われていたかをうかがわせた。
 生前、「おれの死んだ顔なんか見なくていい」と口にした。葬儀・告別式は開かず、1月31日、肉親らだけで密葬を営んだ。形式主義が大嫌い。墓もなく、戒名もない。自宅の祭壇には松高の制帽だけが置いてある。
(社会部・小泉 信一)


お電話でのお問い合せはこちら(午前10時〜午後5時)

0587-53-5124