陸上競技

私がスポ研に勤務していた時代に毎月発行していた「ナースセンターだより」に書いていた発表文です。
陸上競技の好きな方々に参考になれば幸いです。
「ナースセンターだより」1992年6月号原文のままです。

フジミックス

1.はじめに
 かつて1960年のローマオリンピック大会までは、女性は800m以上は走らない方が良いと考えられてきた。今日、その見解を異にし、女性がマラソンをも行うようになってきている。それにしたがって女性の長距離選手が年々増加してきている。多くの名選手が生まれ、めざましい勢いで記録が更新されつつある。しかしその一方で、体重は軽い方がパフォーマンスが良くなると考えられている種目であるがゆえに、減量による障害が発生している。


 当診療部看護部門では平成3年12月に神経性食欲不振症に陥ったトライアスロンの選手とかかわった。最近、日本陸上競技連盟が発行している「やせすぎ、それでもあなたは勝てますか」の文献に女子長距離選手の神経性食欲不振症についての詳しい記述が警告という形で記載されていた。それをここに整理したので参考として紹介する。

2.神経性食欲不振症
 極端な場合、体重減少の強迫観念が神経性食欲不振症という病に悪化することがある。定義的には、人が心理的原因のため、食欲を失うという意味であるが、実際は、患者自身が意識的に自分の摂取する食物を減らすという精神的異常である。目的は継続して体重を減少させる事であり、本人は栄養不良の状態になっていても、まだ肥満と見なす傾向が強い。
 しかし、減量が上達につながると思いこんで女性長距離ランナーたちはしばしば厳しい減量を続けてしまう。ある程度減量が進むと、それはかえって逆効果となる。体の維持や回復に必要な栄養分を奪われて、競技どころか日常生活さえ対処できなくなるのである。
 ひんぱんに疲れを見せ、ケガが多く、しかもその回復は遅く、競技は困難となる。減量が成功の秘訣であるという強迫観念はそのころまでに根深くしみ込み、悪化は避けられない。彼女にとって体重を増やすという考えは恐ろしいほどの嫌悪感となり、何をしてでも避けたいのである。過去に減量で成功したという感覚があると、たとえ競技の記録が落ちても、それをさらに減量することによって改善しようとする。
 周りの人から見ると、その病状は明らかである。患者は蓄積されたエネルギーを全部使い尽くしている。痩せすぎて、自分の体重を至適体重の下限よりさらに減少させている。
 この状態が続けば、命を落とすことになるにもかかわらず、患者の心理的な拒絶反応を消すことは極めて困難である。

 <続きは次回に>


お電話でのお問い合せはこちら(午前10時〜午後5時)

0587-53-5124