シンガープロからのご案内

一覧
  • 結城さおりさんのキャンペーン

    今日は、雑誌「エンカプロ8月号」の表紙を飾っている結城さおりさんのキャンペーン。 朝9時に店を出て、電車で西春へ。西春から知多半島阿久比町まで車で移動し、カラオケ喫茶シャインでキャンペーン。シャイン...

  • 言葉の不思議さ

    「見る」、「聞く」、「食べる」、「知る」などの言葉は、普段何気なく使っているけど、ふと考えると、不思議に思えてくる。この言葉は、どういうことなのかを咄嗟に理解できるのは何故なのだろう。世界中に言葉...

  • WCANの勉強会 2006年10月14日

    10月14日(土)、WCANの勉強会に参加しました。 WCANは、ホームページ制作に携わっている方や、WEBに興味のある方々のグループです。 年に4回の割合で勉強会を開催しています。 今回は、名古屋国際会議場で勉強会...

  • 時間が愛おしい

    私が小学生の頃、医師から余命1年と告げられた主人公が残された時間を大切に生き抜いた漫画を読んで感動。このときに初めて「時間を大切にする」という意味を知りました。残り少ない命だから、この限られた時間...

  • うたスキミュージックポストに非圧縮動画をアップロード

    JOYSOUND(ジョイサウンド)のうたスキミュージックポストにApple ProRes 422(非圧縮・高解像度)の動画がアップロードできるか否かを実験しました。Apple ProRes 422は非圧縮ですので容量は4GB。一方通常にア...

  • 「Final Cut Pro X」で「うたスキ」動画を制作した場合

    Final Cut Pro Xでうたスキミュージックポストの作品を制作する場合、書き出しをAppleデバイス、フォーマットをコンピュータ(Appleデバイス、コンピュータ、Webホストからコンピュータを選択)、解像度を960×540...

 日頃より「シンガープロ」、「エンカプロ」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
 さて、突然ではございますが、「シンガープロ2017年10月号」と「エンカプロ2017年10月号」は、今回諸事情により休刊させていただくことになりました。
 読者の皆様には、突然の休刊案内にて大変申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。
 なお、隔月誌「エンカプロ」ですが、下記の理由で「オピニオン」というタイトルに名称を変更させていただきます。

〈隔月誌「エンカプロ」名称変更のお知らせ〉
 雑誌「エンカプロ」は、「みんなで作ろう演歌・歌謡曲情報誌」をキャッチフレーズに2016年7月号を創刊し、皆さんから寄せられた投稿原稿を冊子にしてお届けしていましたが、演歌に特化した雑誌名はこの時代にそぐわないことから名称変更して新たに前進したいと思います。内容的にはこれまで同様演歌・歌謡曲はもとより多くの皆さんに、演歌に特化した雑誌ではなく、総合雑誌として幅広く紹介して行きたいと思っている所存です。
 つきましては、誠に勝手ながら、次号「エンカプロ12月号」は、「オピニオン12月号」に名称変更して発行させていただきます。キャッチフレーズは、「みんなで作ろう意見交換誌」です。従来通り、有料で投稿原稿を募り、表紙に関しては、演歌歌手に限定するのではなく、さまざまな業界の方々に書面を飾らさせていただきたいと思います。
 今後とも、これまでの「エンカプロ」同様ご愛顧の程お願い申し上げます。
※ 自分の意見を述べ、別の人がそれに批判を加え、時には論争がはじまる。雑誌オピニオンは、様々な分野の多彩なテーマに対して多角的な方向から掘り下げ、読者の知識欲をそそりたい、そんな雑誌にしていきたい思います。


休刊のお知らせ


結城さおり

今日は、雑誌「エンカプロ8月号」の表紙を飾っている結城さおりさんのキャンペーン。
朝9時に店を出て、電車で西春へ。西春から知多半島阿久比町まで車で移動し、カラオケ喫茶シャインでキャンペーン。シャインのマスターとお母さんがとても温かく迎えてくれた。安城から来られたお客様もいて、沢山のお客様に囲まれて熱唱。午後3時からは知多市朝倉町のカラオケ喫茶パート2でキャンペーン。パート2は、ダンスホールのように室内が広くて、歌うにはうってつけの場所。お客様も一杯で、結城さおりさんはたちまち人気者になる。3軒目は愛知県江南市の当店で午後7時半からキャンペーン。お客様はけっして多くなかったけど、アットホームのような雰囲気で楽しくキャンペーンできたのは良かった。各店とも結城さおりさんが今一番力を入れている新曲「宵待月」をワンポイントレッスンを交えながら熱唱。お客様ともども大いに賑わった。


カラオケ喫茶シャイン

シャインで

シャイン記念撮影

パート2で熱唱

パート2 お客様と握手しながら熱唱

ダンスホールのような床

カラオケシンガーで集合写真


フィッシングメール

添付の通りのフィッシングメールにご注意下さい。
フィッシングか否かの見分け方は、相手先のメールアドレスです。
service@apple.co.jpは、本物に見えますが、偽物のアドレスです。
本物は、@の後ろのアドレスがapple.comです。

下記のアップルサイトに詳細が記述されています。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204759


雑誌「オピニアン」

 雑誌「エンカプロ」は、「みんなで作ろう演歌・歌謡曲情報誌」をキャッチフレーズに2016年7月号を創刊し、皆さんから寄せられた投稿原稿を冊子にしてお届けしていましたが、演歌に特化した雑誌名はこの時代にそぐわないことから名称変更して新たに前進したいと思います。内容的にはこれまで同様演歌・歌謡曲はもとより多くの皆さんに、演歌に特化した雑誌ではなく、総合雑誌として幅広く紹介して行きたいと思っている所存です。
 つきましては、誠に勝手ながら、次号「エンカプロ12月号」は、「オピニオン12月号」に名称変更して発行させていただきます。キャッチフレーズは、「みんなで作ろう意見交換誌」です。従来通り、有料で投稿原稿を募り、表紙に関しては、演歌歌手に限定するのではなく、さまざまな業界の方々に書面を飾らさせていただきたいと思います。
 今後とも、これまでの「エンカプロ」同様ご愛顧の程お願い申し上げます。

※ 自分の意見を述べ、別の人がそれに批判を加え、時には論争がはじまる。雑誌オピニオンは、様々な分野の多彩なテーマに対して多角的な方向から掘り下げ、読者の知識欲をそそりたい、そんな雑誌にしていきたい思います。

The magazine "Enkapro" launched the July issue of 2016 with a catch phrase "Enka making popular songs with everyone", and was submitting a manuscript submitted by everyone as a brochure, but Enka Pro Journal name specialized in this time I think that we will rename from new things as it does not fit in this era and move forward. Contemporarily, I am willing to introduce broadly as a comprehensive magazine, not magazines specializing in Enka, to many people as well as enka · popular songs as before.
With that in mind, without permission, the next issue "Enkapro December issue" will be renamed to "Opinion December issue" and will be issued. The catchphrase is "Make an opinion exchange magazine with everyone". As usual, recruit manuscripts for a fee and do not limit to the enka singer about the cover, I would like people in various industries to declare the document.
I would like to continue your patronage as well as "Enkapro" so far.

※ Describe your opinion, another person criticizes it, controversy starts sometimes. I think that magazine opinion will drill down from various directions on various themes of various fields and want to peddle readers' knowledge and desire to make such a magazine.


「かがり火まつり」歌唱動画

 今日、ひだ晶子さんの「かがり火まつり」をジョイサウンドのうたスキミュージックポストに配信しました。これで犬山ローレライ麦酒館で撮影した動画11曲すべてを配信することができました。「かがり火まつり」で一番好きな箇所は、「ゆらり ゆらゆら」です。なんとも心地良くて、心が軽やかに躍るのを感じます。
 11曲配信して、うたスキミュージックポストには自由な空間が広がっているのを感じました。人目もはばからず、のびのびと自由に配信できるのは良いですね。これからも活用していきたいと思います。


かがり火まつり


フジミックスTVの記事一覧

カテゴリーリスト

お電話でのお問い合せはこちら(午前10時〜午後5時)

0587-53-5124