シンガープロからのご案内

一覧
  • より沢山の皆さんに知っていただきたい|シンガープロに歌手情報を載せませんか。

    シンガープロに歌手情報を載せませんか。 ジャンル、出身地、歌手名、楽曲名、動画掲載番号から情報ページを探すことができるようになります。 イベントに呼んでいただきたい、より沢山の皆さんに知っていただき...

  • NEWS

    シンガープロNEWS情報を更新しました。 ・ 頸椎症性脊髄症と戦うサブちゃん ・AKB48グループ初代歌姫は野島樺乃 ・友井雄亮 引退表明「人として情けない」 ・井上由美子 最愛の祖母が火事で死去 https://singerpr...

  • 有明一朗先生が素晴らしい歌を作ってくれました。

    2019年1月15日、シンガープロ・トップページ掲載の動画を麻生けい子さんの「根っこのように」で飾りました。 私はこの歌が大好きです。何回聴いても飽きません。 元気がでてきて力がみなぎります。笑顔になれま...

  • シンガープロのサイトで クリック数の多い歌手 2018年12月15日〜2019年1月11日

    【シンガープロのサイトでクリック数の多い歌手】 (歌手情報ページ訪問客) 2018年12月15日〜2019年1月11日までの集計 Google SearchConsole調べ 1)北野まち子 226 2)千葉げん太 112 3)叶麗子 85 4)水沢...

  • 良い歌なのに何故ヒットしないのか。

    辰巳彰さんの「納屋橋ワルツ」を改めて聴くと、しみじみとステキな歌だと思う。こんなに良い歌なのに何故ヒットしなかったのか。それが不思議でならない。名古屋市民に熱狂的に受けいられないからヒットしないわ...

  • 日本の歌を世界に発信したい。

    眠っているステキな楽曲があれば掘り起こして、世界にお届けしたい。 ステキな楽曲はきっと世界に共感を呼ぶと思うから。 課題はシンガープロのサイトに訪れる外国人の数が圧倒的に少ないこと。 専門の方の知恵を...

ただいまページを準備しております。もうしばらくお待ちください。

中山 竹通氏講演会

中山 竹通氏講演会


本日、愛知学院大学にて中山竹通氏の講演会がありました。
中山氏は、88年ソウル、92年バルセロナオリンピックでマラソン4位に入賞した選手です。
当時、無名の選手からトントン拍子に日本の頂点に上り詰めたランナーとして知られていますが、中山氏のお話を伺って、単に才能が開花したのではなく、開花するために相当な努力をしてこられたことを知り、感銘致しました。
中山氏の名前を初めて知ったのは、名古屋30キロロードレースで3位に入賞した時でした。当時私は瑞穂の会場で中山氏がゴールしているのを見ていますが、無名に近い選手でしたので、ほとんど関心がありませんでした。
しかし、84年福岡国際マラソンで2時間10分0秒で優勝したレースは衝撃的で、正にそのレースが無名の中山から日本を代表する中山になったレースと言っても過言ではないかと思います。一躍世間の注目を浴びたことは言うまでもありません。
それからは次々と記録を更新し、当時日本人トップランナーとして名を馳せていた瀬古俊彦選手と肩を並べるランナーになりました。
瀬古選手との直接対決はオリンピック以外では見られませんでしたが、ソウルオリンピック前年の87年福岡国際マラソンは今でも昨日のようにしっかり覚えています。スタートからいきなり5キロ14分台のハイペースで先頭に立つと、ゴールまで独走してしまいました。見事なレースというよりは、むしろ驚異を感じるレースでした。
他のマラソン大会に於いても、スタートから果敢に飛び出すという目を見張るレースをされ、中山氏の計り知れない強さを思い知らされたものです。
当時このことに関して、私は「中山氏は遅いペースには我慢できない。体が自然に前へ前へと出てしまうランナーである」と勝手に思いこんでおりました。
しかし、今日、お話を伺って、実はそうではなくて、レースを打算的に考えていたことがわかりました。
マラソンをお金を稼ぐ手段として捉えており、「いきなり先頭に立つのも、会社の社長に喜んでいただけるように、裏を返せば、給料を多くいただけるように」との意図があったというのです。中山氏がハングリー精神からはい上がってきたランナーと言われる所以を垣間見たような気が致しました。
陸上で生計を立てることがいかに大変であるか、日本のトップに立った選手でさえ、経済的な面でかなりの苦労を強いられてきていた、だからこそ、あれだけ強くなられたのか。高校卒業後、無職を経て鉄道整備会社で仕事をしておられたようですが、精神的苦痛のある職場から抜け出したい一心から自ら未来を切り開くために陸上に傾注されたようです。高校時代5000m16分台ランナーから世界の超一流ランナーに成長されましたが、生活の基盤である陸上は、けっして楽しいものではなかったようです。
最後に「中山氏の話は淡々としていたが、哲学が語られており、超一流選手はやはり違う。感銘した」と講演会を締めくくった高田会長の言葉も印象的でした。

追記 講演会の後、個人的に立ち話した所では、中山氏が、「私は練習は好きではなかった。走るのが好きなのは高橋尚子選手ぐらいで、一流選手は誰でも練習は嫌いですよ」と私に語った言葉が印象的でした。
あれほどの優秀なランナーでさえ、日々の練習はつらいものであったのかと感じ入ってしまいました。
フジミックス


東海学連選抜13位。
今年はTVで観戦。なかなか見応えにあるレースでした。
「行けば良かったかな」と、ちょっと後悔。
東海選抜チームがゴールしてから小山さんが
アンカーを務めた選手に駆け寄っている姿が映っていました。
フジミックス


お電話でのお問い合せはこちら(10時〜18時)

0587-53-5124