シンガープロからのご案内

一覧

読者が作る雑誌オピニオン2019年2・4月合併号

雑誌オピニオン2019年2月・4月合併号をシンガープロに掲載しました。
2月15日発売の紙版の電子版になります。
全ページがスマホ、タブレット、パソコンで見れます。
電子版:無料。紙版:1冊300円。

https://singerpro.me/opinion/2019/201902/index.html

Magazine opinion We posted the merger issue of February and April 2019 to SingerPro.
It will be an electronic version of the paper version released February 15.
All pages can be seen on a smartphone, tablet, or computer.
Electronic version: Free. Paper version: 300 yen per book.


元 民放TVマン


 安倍首相は年頭に、「5月には、皇位継承が行われ、歴史の転換点を迎えます。平成の、その先の時代に向かって『日本の明日を切り拓く』一年とする。継続を力とし、これまでの積み重ねを、そして、国民の皆様からの信任を大きな力として、残された任期、全身全霊で挑戦していく覚悟です。」(抜粋)と所感を発表した。

 内政・外交の両面で課題を抱えている日本は、正念場で岐路に立っている、と言えよう。その時、求められるのは政治の安定である。国民の一人として政治の安定を強く求めたい。

 さて、安倍首相の年頭所感の中で、あらためて大切さを、ひしひしと実感している言葉が、ある。それは「継続」「積み重ね」である。私は、ある出来事をきっかけに、幼少期から、テレビ放送に関心を持ち続けながら育ったように思う。大学生時代でも、テレビ放送に関心を持ちながら勉強を積み重ねてきた。そして、中京テレビ放送会社員時代では、業務遂行を通じてテレビ放送の勉強を、し続けてきた実感がある。給料を貰いながら、テレビ放送を勉強(言わば、実地修練)させていただいてきたという思いがあり、感謝の気持ちでいっぱいだ。そのような私が、中京テレビ放送退職にあたって、退職者の慣わしで社報に掲載されるメッセージの中に『退職は通過点』と、記した。今、ジャーナリストとして、取材・調査・研究・考察の活動を続けられているのは、このような諸々のことの「継続」「積み重ね」が、大きな力になっている。そして、私が、ずっと続けている事に、日記風のメモ書きがある。中京テレビ放送に入社してから、毎年支給された手帳に簡単なメモ書きを残してきた。退職後も、メモ書きの習慣を続けてきたことから、この投稿記事文を書くうえで、大事な必須のツール“ネタ帳”として活用している。まさに『継続は力なり』である。私の活動の原動力の元となっている。
 
 昨年、ひょんなことから知人の紹介で、ご縁ができたこの雑誌の発行責任者の依頼を受けて始めたこの投稿も、ジャーナリスト活動の一環として、継続していこうと考えている。
 私のジャーナリスト活動のテーマは三つある。昨年は、テーマの一つ「視聴者目線のテレビ放送」に焦点を当てて、政府・規制改革推進会議の放送事業見直しの議論にかかわる事柄を中心に投稿した。今年も、テレビ放送関係の投稿を中心に考えているが、他の二つのテーマに関連する事柄も、投稿する考えだ。二つ目のテーマ「地域における介護と医療」では、高額介護サービス費制度で、行政の怠慢によって、行政が利用者に迷惑をかけた事例を投稿する予定だ。三つ目のテーマ「行政と住民自治の在り方」では、市町村の自治会、町内会の活動について、とある市の実例を挙げて、課題を提起する考えである。

 今回は、2019年最初の投稿記事ということもあって、タイトルには、そぐわない内容になった。次回は、4月1日に開局50周年を迎える中京テレビ放送が、社史編纂に向けて、OBとOGに募ったアンケートについて、投稿する予定だ。――――――――――――――次号につづく             投稿者:杉浦定行

【雑誌オピニオン2019年2月・4月合併号】

オピニオンだより

【杉浦定行プロフィール】
1975年日本大学芸術学部放送学科卒業、同年中京テレビ放送株式会社入社。
TVマンの前半20年ほど、警察、司法、行政、経済、スポーツなどマス・メディアの記者クラブに所属して取材経験を積みながら、情報番組・スポーツ番組のディレクター、プロデューサーとして、報道取材・番組制作の現場部門の業務に従事。TVマンの後半の20年ほどは、主に管理部門の業務に従事。広告代理店、スポンサー対応の営業部門を経験した後、番組審議・CM考査(マスコミ倫理懇談会全国協議会会員、JARO・日本広告審査機構会員)個人情報監理などコンプライアンス部門の業務に従事。アナログ放送からデジタル放送への変換時期には放送監視部門の業務にも従事。
64歳(2014年)夏の終わりに、独居でペットの老犬と一緒に暮らす高齢の実母と、遠く離れて一人で生活する高齢の義母の二人の母を見守る生活移行へと、踏ん切りをつけて、離職。
現在、経験を活かして「視聴者目線のテレビ放送」「地域における介護と医療」「行政と住民自治の在り方」をテーマにして、ジャーナリストとして、取材・調査・研究・考察の活動を続けている。
メール: ssnsis080424@aqua.plala.or.jp

オピニオンだより

In the beginning of the year, Prime Minister Abe said, "In May, the succession to the throne takes place and we will have a turning point in history." In Heisei, we will set a year to "open up Japan's future tomorrow" towards the future era. It is my intention to challenge with the whole term of the term of office, with the remaining term of employment as the strength, with the accumulation of the past, and the confidence from everyone of the people as a great force. "(Excerpt) and announced the impression.

It can be said that Japan, which has problems in domestic affairs and diplomacy, is at a crossroads in mind. At that time, what is sought is political stability. I strongly urge the stability of politics as one of the people.

Well, there is a word that realizes the importance again as a pride in Abe 's yearly sense. It is "continuation" "stacking". I think that as a result of an event, I grew up while I was interested in television broadcasting from early childhood. Even in college days, I have been studying while having an interest in television broadcasting. And in the era of Chukyo Television Broadcasting Company Employees, I feel that I've been studying TV broadcasting through business performance. I have a feeling of being thankful for studying TV broadcasting (in other words, practical training) while receiving salary. When I retired from Chukyo Television Broadcasting, I noted that "retirement is a passing point" in the message published in the company news due to retiree's customs. Now, as a journalist, "Continuation" and "Stacking" of such various things is a great force, which is continuing the activities of coverage, survey, research and consideration. And, as far as I continue, there is a diary-like memo story. Since joining Chukyo Television Broadcasting, I have left a simple memo writing in the notebook paid every year. Since retirement, I have continued the custom of memo writing, so I use it as an essential essential tool "neta book" to write this post article. "Continuity is power" indeed. It is the source of the dynamics of my activities.
In case
Last year, I will continue this post as a part of journalist activities, starting with receiving a request from the acquaintance and introducing the acquaintance, who was able to make a relationship with the publisher of this issue of this magazine.
There are three themes of my journalist activity. Last year, I focused on one of the themes "TV broadcasting with viewers' perspective" and posted mainly on matters related to discussions on reviewing the broadcasting business of the Government and Regulatory Reform Promotion Council. This year we are also thinking about postings related to television broadcasting, but we also plan to post matters related to the other two themes. In the second theme "Care and Medical Care in the Region", we plan to post examples of administrative inconvenience to users due to negligence of administrative authority in the high cost care service fee system. The third theme "The way of administrative and self-governing autonomy" is to think about the activities of municipalities' self-governing associations and neighborhood associations, raising an example by citing an example of a certain city.

This time, it was said to be the first posted article in 2019, and it became content which is not suitable for the title. Next time, Chukyo Television Broadcasting, which celebrates its 50th anniversary on April 1, plans to post a questionnaire to OB and OG towards compiling the company history. -------------- Continued from next issue By: Sugiura Sadayuki

オピニオンだより


雑誌オピニオン2019年2月号掲載広告

レストラン、お店の広告大歓迎です。
一括で支払われたお店にはホームージをお作りします。
すでにホームページをお持ちのお店にはリンクを付けるので、訪問客が増えることが期待できます。

https://singerpro.me/opinion/koukoku.html

オピニオンだより

Restaurant and shop advertising are welcome.
We will make a homage to a shop paid in bulk.
Since we add links to shops that already have a homepage, we can expect to see more visitors.

https://singerpro.me/opinion/koukoku.html

オピニオンだより


シンガープロサイトのページクリック数 集計のご案内です。
2019年1月1日~2019年1月31日までの集計
Google Search Console調べ
・北野まち子 169
・水沢明美 120
・チョン・テフ 106
・千葉げん太 105
・鬼怒川太郎 63
・中村仁美 58
・後藤 隆 58
・麻生けい子 54
・北川裕二 52
・桜ゆみ 51
・梓夕子 47
・有明一朗 46
・葵美里 46
・桜ちかこ 40
・塩乃華織 39
・ひなたみな 39
・木下結子 37
・松田敏来 37
・大道マコ 24
・別府たけし 24
・小田純平 22
・叶麗子 22
・岩切愛子 22
・鏡元もとじ 22
・ななせじゅん子 21
・村田みゆき 16
・寺本圭佑 15
・天音美広 15
・豊光 15
・渕上雅代 14
・山本さつき 14
・美月 優 14
・藤原 浩 14
・桜美里 14
・原口豊秀 14

【国別クリック数】
1)日本 4,184
2)韓国 20
3)台湾 19
4)米国 7
5)ブラジル 5
5)タイ 4
6) ニュージーランド 2
7)インド 1

【デバイスクリック数】
スマホ 3,251
パソコン 676
タブレット 331


【その他】
〈雑誌記事ページ〉
演歌共演 in ENA 42
https://singerpro.me/gekkan_singerpro/201310/11.html

今月のこの人 作曲/作詞家 四方章人さん 22
https://singerpro.me/gekkan_singerpro/201407/11.html

〈お店〉
カラオケBIG 島根県浜田市 21
https://singerpro.me/k/shimane/hamada/big_karaoke.html

ミュージックカフェ 17
https://singerpro.me/k/aichi/music_cafe_e.html

嫁見餅総本家 13
https://singerpro.me/corporation/aichi/yomemimochisouhonke.html


〈新譜情報の目次ページ〉20
https://singerpro.me/shinpu/index.html

https://singerpro.me


歌手の皆様

お世話になります。
わたくし全国の歌手情報を掲載しているホームページを運営しているシンガープロの安藤と申します。
シンガープロは、多種多彩なジャンルのアーティスト情報を全国に発信し、健全な大衆音楽の普及に努めております。
つきましては、ぜひシンガープロのホームページをご覧いただいた上、歌手情報を掲載いただけたら幸いに存じます。

https://singerpro.me


ピックアップリスト

バナー

リンク集

コンテンツに戻る

お電話でのお問い合せはこちら(10時〜18時)

0587-53-5124