シンガープロからのご案内

一覧

シンガー歌謡体操

今日はシンガー歌謡体操
鈴木浩樹先生が足裏のマッサージを行いながら五感(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)の大切さを教えてくれた。脳をまんべんなく発達させるには、五感の刺激をまんべんなくたくさん与えると良い、とのこと。
興味深いお話は、あるアンケートで、「30代、40代にやっておけば良かった」の一番目にあげられたのが「運動をやっておけば良かった」というお話。「運動をやっておけば、病気にならなかった」と後悔している人が多いようである。

浅野時江先生は、手首、肘、肩を中心に関節を動かす体操を教えてくれた。関節を動かさないでいると、その関節の周辺の筋力が低下し、さらに関節が動きにくくなる、という悪循環を生むので日頃から意識して動かすことが大切である。

村川花林先生は、椅子にすわって、ストレッチ体操。タオルを使って、背筋を丸めたり伸ばしたり、体側を伸ばしたり、お尻を引き締めたりなどいろいろな体操を教えてくれた。一通りの体操を終えると気持ちよく感じる。


Today singer song gymnastics
Professor Hiroki Suzuki taught me the importance of the senses (visual, auditory, olfactory, tactile, taste) while performing massage of the soles of the feet. In order to develop the brain evenly, it is good to give a lot of stimulation of the five senses evenly.
Interesting story, in a questionnaire, the first story of "I wish I could do it in my thirties or forties" was a story saying "I should have exercised". Many people regret that "If you do exercise, you did not get sick".

Professor Asano Tokie taught gymnastics to move the joint around the wrist, elbow and shoulder. If you do not move joints, it is important to move consciously from day to day as it will create a vicious circle that muscular strength around that joint will decrease and joints will become difficult to move.

Murakawa Karin is sitting in a chair and stretching gymnastics. Using a towel, he taught various gymnastics such as rolling back and stretching the back muscles, extending the body side, tightening the buttocks. I feel comfortable after finishing the gym.


演歌歌手

シンガープロは、演歌を世界に伝えるために英語で、演歌歌手のことを

Singers who sing Japanese heart.

と説明してご案内したいと思います。

他に下記の表現が考えられます。

○ Singers who sing Japanese popular ballads.

○ Popular Japanese ballad singers.

○ Japanese popular ballad singers

○ Traditional ballad singers

○ Japanese Soul Music

○ Enka  singers

※ Soul(魂)は「日本人の魂を謳う」という意味で、的を得ていますが、「黒人音楽」と外国の方には、受けとめられるかも知れません。

Singerpro is in English to communicate Enka to the world,

Singers who sing Japanese heart.

I would like to introduce it in notation.

Other expressions are possible.

○ Singers who sing Japanese popular ballads.

○ Popular Japanese ballad singers.

○ Japanese popular ballad singers

○ Traditional ballad singers

○ Japanese Soul Music

○ Enka singers

* Soul (soul) means "to sing the soul of the Japanese people", but it gets the character, but "black music" and foreigners may be accepted.


雑誌オピニオンに一括で広告料を支払われた方にはスマホに特化したホームページをお作りします。

https://singerpro.me/opinion/koukoku.html


林茂代 地域のお祭り、施設訪問承ります。

雑誌オピニオン2019年2月・4月合併号掲載広告は下記の通りです。
広告主の皆様、このたびはオピニオンに広告を出していただき誠にありがとうございました。


JOYSOUND MAX2

KMA企画

切らずに作る作り帯

カラオケ喫茶ぽっぽ 夏川明子

貴代秀 おわら恋し風の盆 おんな残俠・椿のお龍

カラオケ喫茶 たかね おおきに・・・ありがとう

カラオケ喫茶フラワー 森田正明 平成夫婦善哉

菅原晃榮 越後慕情 誠道

石川純子 鈴鹿川 伊勢路ひとり旅

川島かずえ 蒼白の滝 越えて・・・津軽海峡

中村ゆみ 海峡列車 湯けむり恋情話

美月友香 命の絆 風来一人旅

斧田初江 人生舞姫 花街恋ごころ

オピニオン広告ページのQRコード


朝比奈あきこ


 朝比奈あきこは石川県出身の歌手。
 彼女は、2007年に「藤堂あきこ」の名で歌手活動をはじめ地元金沢では絶大の人気を誇っていたが、全国区の歌手ではなく、このたび10月17日に日本コロムビアから「ときどき悪女」でメジャーデビューを果たした。
 歌謡曲だけでなくジャズを含めレパートリーが幅広く今後の活躍が楽しみな歌手である。
 そんな彼女に下記の内容で直撃インタビュー。

Akiko Asahina is a singer from Ishikawa Prefecture.
She was proud of the popularity in local Kanazawa, including singer activities in the name of "Todo Akiko" in 2007, but this time she is not a singer of the national ward, but rather "sometimes a bad lady" from Nippon Columbia on October 17 She made a major debut with.
Not only popular songs but also repertoire including jazz is a singer who is excited about the future success.
A direct hit interview with her in the following content.


ときどき悪女

安藤:メジャーデビューを機に朝比奈あきこに改名されましたが、なぜ改名されたのでしょうか。

朝比奈:全国デビューのために心機一転名前を変えたらどうかとアドバイスを受け、「朝比奈」の歌手名をいただきました。

安藤:10月21日の新曲発表ディナーショーで市川由紀乃さんをゲストにお招きしていますが、市川由紀乃さんとはどんな間柄なのでしょうか。

朝比奈:市川由紀乃さんの「心かさねて」、「命かさねて」、「うたかたの女」の作曲者が幸耕平(みゆきこうへい)先生で、私の新曲「ときどき悪女」と「加賀慕情」の作曲者も幸耕平先生です。幸耕平先生の弟子になったということで、市川由紀乃さんと師匠の幸耕平先生をステージにお招きしました。

安藤:「ときどき悪女」と地元石川県を舞台にしている「加賀慕情」では歌のジャンルが異なるように思いますが、今後は歌謡曲路線で行かれるのか演歌路線で行かれるのですか。

朝比奈:将来どういったジャンルの路線で進むかは周りのスタッフや関係者の方々と相談しながら決めていきたいと思います。

安藤:英語が得意と伺いましたが、歌の中で英語が生かされていますか。

朝比奈:留学の経験がなくて英語が流ちょうというわけではありませんが、歌の中では英語を生かしています。ですが、英語ばかりではなくてスペイン語、ポルトガル語、イタリア語を歌詞の中に入れて歌うとお客様が飽きることなく聴いていただけるので、自分なりに歌の構成を考えて歌唱披露しています。

安藤:ジャズは得意なジャンルですか。

朝比奈:得意とかではなくてジャズが好きで、ディナーショーにちょっとジャズのコーナーをいれたら意外と評判が良かったので、ジャズもレパートリーに加えています。

安藤:音楽専門の学校を卒業されたのですか。

朝比奈:いいえ。英文科を卒業しましたが、ピアノ、打楽器、三味線、お琴、小唄が好きで音楽には常に親しんでいました。

安藤:洋楽から邦楽まで幅広く音楽を愛されていたんですね。

朝比奈:はい。

安藤:お住まいは金沢だと思いますが、現在は東京に拠点をおいて歌手活動されているのですか。

朝比奈:はい。せっかくいただいたチャンスを生かすためにも東京から全国に発信していきたいと思います。

安藤:朝比奈さんは随分優しい人柄ですが、ジャケット写真は芯の強い女性に見えます。

朝比奈:タイトルが「ときどき悪女」ですから。私は、悪女のような強さはありませんが、この楽曲の女性を自分なりにイメージして、時々かわいさと、やさしさを混ぜながら歌っています。

安藤:コロムビアに移籍してのメジャーデビューですが、現在の環境はいかがでしょうか。

朝比奈:コロムビアの皆さんはいい人ばかりで、楽しくて仕事がしやすい環境です。周りの応援があってこそだと思いますので、頑張りたいという気持ちが沸沸とわいてきます。

安藤:最後に抱負をお聞かせ下さい。

朝比奈:「ときどき悪女」は、ノリが良く歌いやすい楽曲ですので、「朝比奈あきこ」と言えば「ときどき悪女」と言っていただけるように、そして大ヒットできるようにがんばりたいと思います。

安藤::「ときどき悪女」が大ヒットできるようにお祈りしています。今日は貴重なお時間を割いていただきありがとうございました。

取材:シンガープロ 安藤秀樹 2018年12月7日(金)

【雑誌オピニオン2019年2月・4月合併号】

オピニオンだより

Ando: I was renamed Akiko Asahina as a major debut, why was it renamed?

Asahina: For advancing nationwide for the debut of the whole country I got advice about changing my name and received the name of the singer "Asahina".

Ando: We invited Yukino Ichikawa to the guests at the new song presentation dinner show on October 21, but what is the relationship with Yukino Ichikawa?

Asahina: A composer of Mr. Yukino Ichikawa's "Heartworking", "Livesome", and "Utakata no Onna" is a teacher Kohei Miyuki, composed by my new song "Sometimes the Wicked lady" and "Kaga Bojyo" Ms. Kohei Miyuki is also a person. We invited Yukino Ichikawa and Master  Kohei Miyuki to the stage as being a disciple of Professor Kohei Miyuki.

Ando: I think that the genre of songs is different in "sometimes a lady" and "Kaga Bojyo" setting in Ishikawa prefecture local, is it going to go on a popular song course in the future Is it going to go through Enka Route?

Asahina: I'd like to decide what kind of route I will go with in the future while consulting with the surrounding staff and stakeholders.

Ando: I heard that you are good at English, but have you learned English in songs?

Asahina: I do not have experience of studying abroad and English is not fluent, but I use English in songs. However, not only in English but also in Spanish, Portuguese, and Italian singing in lyrics, customers can listen without getting tired, so we sing songs by thinking of the composition of the songs themselves.

Ando: Is jazz a good genre?

Asahina: I love jazz instead of being good at it, and as I got a bit of jazz in the dinner show, I got a good reputation surprisingly, so jazz is also added to the repertoire.

Ando: Did you graduate from a music specialty school?

Asahina: No. I graduated from the English literature course, but I always liked the music because I liked piano, percussion instruments, shamisen, koto and kouta.

Ando: I was loved music extensively from Western music to Japanese music.

Asahina: Yes.

Ando: I think that you live in Kanazawa, but are you currently active in singers based in Tokyo?

Asahina: Yes. I would like to disseminate it from Tokyo to the whole country in order to make the most of the opportunities I gained.

Ando: Mr. Asahina is a very kind person, but the jacket picture looks like a strong woman.

Asahina: Because the title is "sometimes a lady". I have no strength like a bad lady, but I imagine a woman of this song on my own, sometimes singing mixed with cute and kindness.

Ando: Major debut with transferring to Columbia, how is the current environment?

Asahina: Everyone in Columbia is a nice person, it is fun and easy to work. I think that it is only with support around us, the feeling that I want to work hardly changes with boiling.

Ando: Please tell us your aspirations at the end.

Asahina: As "sometimes a lady" is a song whose songs are easy to sing well, if you say "Asahina Akiko" to say "sometimes a lady", I would like to do my best to be a big hit.

Ando : I pray that 'sometimes a lady' can be a huge hit. Thank you very much for taking valuable time today.

取材:シンガープロ 安藤秀樹 2018年12月7日(金)

【雑誌オピニオン2019年2月・4月合併号】

オピニオンだより


藤枝(ふじえ)

シンガープロに新たに藤枝さんの歌手情報を掲載しました。
ジャンル、出身地、楽曲名、動画掲載番号280番から藤枝さんの情報ページを探すことができるようになりました。
動画掲載番号の280番はシンガープロの会員登録番号になります。
藤枝さんの歌手情報ページが開くQRコードも発行しました。
※ 歌手情報ページは日本の歌を世界に発信したいので英語と日本語を表記してご案内しています。

○ 藤枝 歌手情報ページ
singerpro.me/region/aichi/fujie.html

○ ジャンル検索
singerpro.me/category/enka/enka-ha.html

○ 出身地検索
singerpro.me/region/aichi/index.html

○ 歌手名検索
singerpro.me/aiueo/fu.html

○ 楽曲名検索
【愛の奇跡】
singerpro.me/music/a.html

【花と咲け~一日一生】
singerpro.me/music/ha.html

○ 動画掲載番号検索 280番(藤枝さんの登録番号)
singerpro.me/box251to300/no280/index.html

【お知らせ】
3月以降に歌手情報ページ作成料を2万円に値上げします。現在は16,200円で承ります。


藤枝さんの歌手情報ページが開くQRコード


ピックアップリスト

バナー

リンク集

コンテンツに戻る

お電話でのお問い合せはこちら(10時〜18時)

0587-53-5124