シンガープロからのご案内

一覧

今日、「びわじま整形外科」を退職しました。でも退職の実感が湧いてきません。今後の事に関してはなんとかなるでは済まないわけですから、いよいよ気持ちを引き締めて頑張らねばと思います。


昨日、昼間にジョギングしましたら、飛散している花粉をかなり吸い込んだみたいで、夕方にはくしゃみ、鼻水がでてきました。直感的に花粉症に間違いないと思いました。これは一種のアレルギー性鼻炎ですが、こんなにもてきめんに症状がでたのは初めてでした。
その日の就寝時が最悪でした。鼻水がどうにも止まらなくてティッシュペーパーが枕元から手放せません。のどにも違和感がでてきて、鼻には閉塞感が・・・、つらいの一言です。苦痛にさいなまれながらもなんとか眠ることができましたが、朝起きて、なんとなく症状が和らいだようにも思いましたが、通勤電車の中ではすぐ鼻水がでてきますので、ティッシュペーパーが手放せませんでした。午前中仕事しておりますと、頭痛もしてきて、気分は極めて悪くなりました。これはいよいよ薬のお世話にならなければいけないかと思い、内科の医師の診察を受けましたところ、薬を処方していただきました。クラリチンレディタブ錠と言う薬です。この薬は内服しても眠くならないそうですが、10日間飲み続けないと効果が現れないそうです。もっともこの薬は予防の薬ですので、本来なら症状の現れる前に内服する薬のようです。即効性を求めるのなら、ステロイドを内服するか注射すればいいように思いますが、まだなんとか耐えられる範囲内でしたので、当面はこの薬で様子をみることにします。
因みに自分が何に対してアレルギーがあるのかを知りたいのでしたら、血液検査をお勧め致します。
代表的な検査は、名古屋臨床検査センターならばMAST26というセットです。
MAST-26のセット内容は下記の通りです。
コナヒョウヒダニ、ハウスダスト2、ネコ上皮、イヌ上皮、オオアワガエリ、ハルガヤ、ブタクサ混合物、ヨモギ、スギ、ペニシリウム、クラドスポリウム、カンジダ、アルテルナリア、アスペルギルス、小麦、大豆、米、マグロ、サケ、エビ、カニ、チェダーチーズ、ミルク、牛肉、鶏肉、卵白
以上の特異的IgE26種で、適応はアレルギー全般です。
MAST26の血液検査の保険請求額は17,040円です。
従って、医療保険3割負担の方は、5,112円請求されることになります。
受付窓口で診察と採血と薬だけで7千円少々を請求されたら、きっと医療費は高いと実感してしまうと思います。


MacLuckさん、
このたびは、フジミックスの「iPodの動画をテレビで見る方法について」をご紹介下さいましてありがとうございます。
MacLuck
この動画制作の発端は、私が実際にiPod専用のAVケーブルを購入したところ、使い方がわからなくて困ったことが始まりです。製品には具体的な操作手順の説明書が同梱されていなくて、まして相談する方もいなくて、単にAVケーブルをテレビの映像入力端子に接続しても映らないので、当初は間違った製品を購入したのだと思いました。気を取り直して、iPodの中にきっと調節する箇所がある筈だと思ったのが、接続に成功した(ちょっと大袈裟ですが)きっかけです。ですから同じようにiPodの動画をテレビ画面で楽しみたい方がいらっしゃると思いましたから、そういう方々の参考になればと思い制作致しました。
これからもわたくし自身がマックで困ったことがあって、それを解決できた場合には動画を制作してまいりますので、今後ともよろしくお願いします。
マックサポートのお店として3月14日にプレオープンしましたMacLuckさんのますますのご発展を祈願致します。
追記 「制作したビデオをiTunesに公開しよう」のビデオもご覧いただけたら幸いです。


求人募集は「フジミックス」ではありません。
私の弟が経営する「フジミサウンド株式会社」の求人募集です。

<フジミサウンド株式会社 求人募集要項>
【職種】修理技術職
   (カーナビ・カーオーデイオ等の修理・販売)
【業務内容】
カーディーラ、車検工場、中古車等から依頼をうけて、故障したカーナビやカーオーディオを修理する仕事です。
テスターを使用して故障箇所を見つけ出していきます。例えば、配線が故障の原因であれば、通電できるように部品を交換して正常に動作するようにします。
カーナビの修理は複雑で難しいという事はありません。それに「フジミサウンド株式会社」はベテランが揃っていますので、知識と技術をしっかりと教えていきますのでご安心下さい。


14キロ付近の弘山晴美選手

14キロ付近の弘山晴美選手

名古屋国際女子マラソンの録画TVを昨日見ました。大変見応えのあるレースに感動しました。
私は当日ビデオカメラを携えて地下鉄で移動しながら応援していましたので、先頭集団のレース展開ははっきりわかりませんでした。渋井選手は終始独走態勢で走っているとばかりに思っていましたら、録画TVで渋井選手はいったんは8キロすぎで第2集団に吸収されていたことを知りました。しかし10キロすぎから再び、果敢に前に出ると、後続集団は引き離されていきました。私は国立名古屋病院(31キロ付近)で彼女が先頭で走り過ぎていく姿を目の当たりにしましたが、それから2番手の弘山選手が現れるまでには1分少々の時間が経過しました。あまりの大差と渋井選手の快調な走りから、「今日は渋井選手の優勝だな」と確信しました。


お電話でのお問い合せはこちら(午前10時〜午後5時)

0587-53-5124