名大陸上部

昨夕、訃報の知らせが舞い込んできた。
名古屋大学陸上競技部の先輩、森川敏夫氏が永眠されたとのこと。
森川敏夫氏は、昭和26年旧制名古屋大学医学部卒、産婦人科医であった。亡くなられた岩田實氏も同期の高川敏夫氏も医学部出身の産婦人科医であった。
森川氏は高川氏とともに名大陸上競技部初期の最盛期をつくりあげた功績者。
卒業後もOBとして、駅伝や対校戦などの応援に駆けつけ、後輩部員たちに「試合には選手として、名大陸上部員として、男らしく、正々堂々と、真剣に臨め」と叱咤激励していたそうである。
わたくしは、森川氏に直接お会いしたことはないけれど、名古屋大学陸上競技部の大先輩ということだったので、今日、告別式に参列。
弔問に訪れた方々は、最後の別れを惜しんでおられた。ここに慎んで森川敏夫氏のご冥福をお祈りいたします。


お電話でのお問い合せはこちら(午前10時〜午後5時)

0587-53-5124