シンガープロからのお知らせ

雑誌「オピニアン」

 雑誌「エンカプロ」は、「みんなで作ろう演歌・歌謡曲情報誌」をキャッチフレーズに2016年7月号を創刊し、皆さんから寄せられた投稿原稿を冊子にしてお届けしていましたが、演歌に特化した雑誌名はこの時代にそぐわないことから名称変更して新たに前進したいと思います。内容的にはこれまで同様演歌・歌謡曲はもとより多くの皆さんに、演歌に特化した雑誌ではなく、総合雑誌として幅広く紹介して行きたいと思っている所存です。
 つきましては、誠に勝手ながら、次号「エンカプロ12月号」は、「オピニオン12月号」に名称変更して発行させていただきます。キャッチフレーズは、「みんなで作ろう意見交換誌」です。従来通り、有料で投稿原稿を募り、表紙に関しては、演歌歌手に限定するのではなく、さまざまな業界の方々に書面を飾らさせていただきたいと思います。
 今後とも、これまでの「エンカプロ」同様ご愛顧の程お願い申し上げます。

※ 自分の意見を述べ、別の人がそれに批判を加え、時には論争がはじまる。雑誌オピニオンは、様々な分野の多彩なテーマに対して多角的な方向から掘り下げ、読者の知識欲をそそりたい、そんな雑誌にしていきたい思います。

The magazine "Enkapro" launched the July issue of 2016 with a catch phrase "Enka making popular songs with everyone", and was submitting a manuscript submitted by everyone as a brochure, but Enka Pro Journal name specialized in this time I think that we will rename from new things as it does not fit in this era and move forward. Contemporarily, I am willing to introduce broadly as a comprehensive magazine, not magazines specializing in Enka, to many people as well as enka · popular songs as before.
With that in mind, without permission, the next issue "Enkapro December issue" will be renamed to "Opinion December issue" and will be issued. The catchphrase is "Make an opinion exchange magazine with everyone". As usual, recruit manuscripts for a fee and do not limit to the enka singer about the cover, I would like people in various industries to declare the document.
I would like to continue your patronage as well as "Enkapro" so far.

※ Describe your opinion, another person criticizes it, controversy starts sometimes. I think that magazine opinion will drill down from various directions on various themes of various fields and want to peddle readers' knowledge and desire to make such a magazine.


お電話でのお問い合せはこちら(午前10時〜午後5時)

0587-53-5124