スポーツ

 2017年4月10日(月)、フィギュアスケートの浅田真央選手が自身のブログで引退を表明。そのことで、メディアやマスコミが連日、報道で賑わっている。
 浅田真央選手で一番感動に残っている試合は、2008年に行われた世界選手権。
 この試合で、彼女はフリー冒頭で大きく転倒したので、これで優勝はあり得ないと、テレビで見ていた私は、優勝を諦めたけど、その後、次々と3回転アクセルを始めとする大技が成功。あり得ないと思っていた優勝が舞い込んできて、見事に逆転優勝。最後まで諦めない彼女の姿には、誰もが涙を流して感動したに違いない。
 昨日のテレビで、元コーチの山田満知子氏が「一筋縄では行かない頑固な性格」と言って、浅田真央選手を称していたが、競技に臨む選手としては確かにそうであったかもしれない。しかし、会見で見る彼女の愛くるしい笑顔と素直に語る彼女の柔和な人柄は非常に好印象。
 浅田真央選手は、私たちと共に歩んできた国民的ヒロインだったように思う。これからもステキな笑顔で前向きに進んでいって欲しい。


お電話でのお問い合せはこちら(午前10時〜午後5時)

0587-53-5124