お知らせ


先月発売の雑誌オピニオンに「てんとう虫のサンバ」の作曲を手がけた馬飼野俊一先生を取材記事として取り上げました。

同じく「歌の手帖4月号」にも馬飼野俊一先生が “印象” の魔術師 作・編曲家 馬飼野俊一の世界と題して、特集で取り上げられていたので、早速購入しました。

曲作りにおいて、土地が作詞、骨組みが作曲、内装・インテリアが編曲とは上手く言い当てているので、なるほどなと思いました。

興味深いのは思ってもみない音が唐突にでてくる先生のアレンジ。冒険みたいなところがあるので勇気がいるんですね。

勝負曲を作るのは本当は怖い。苦しい仕事だけど、必ず喜びが待ってくれている。

そうですよね。手がけるということは責任があるから、不安もあるし怖いという気持ちが湧いてくるのもわかるように思います。未来に喜びがあると思うと頑張れると思います。

巻末に掲載されている馬飼野俊一先生の下記作品(歌詞・譜面)は、どれもが大ヒット曲で、団塊の世代の人なら誰もが知っている曲です。

天地真理の「恋する夏の日」は懐かしさが込み上げてきました。当時私は中学2年生で、何回もレコードをかけて聴いていました。

○ 夜と朝のあいだに(ピーター)

○ 笑って許して(和田アキ子)

○ 君が美しすぎて(野口五郎)

○ てんとう虫のサンバ(チェリッシュ)

○ 恋する夏の日(天地真理)

○ 襟裳岬(森進一)

○ 石狩挽歌(北原ミレイ)

○ 北酒場(細川たかし)

2019年3月3日投稿

I covered Mr. Shunichi Makainoi who co-authored "Ladybug samba" for a magazine opinion released last month as an interview article.

Also in the 'Song of the Handbook April issue' Professor Shunichi Makaino was featured in the feature, entitled 'World of Witchcraft and Arranger of Impression' Arranger Shinichi Makaino, so I bought it immediately.

In making songs, I thought that the land was well written, lyrics were composed, frameworks were composed, interior decor and interior arranged well.

Interestingly it is a teacher 's arrangement where the sound which I do not see comes abruptly. I have courage because there are places like adventure.

It is really scary to make contestants. It's a painful job, but joy always waits for you.

That's right. I think that handling is responsible, so that you will understand that you feel uneasy and scary feelings. I think that I can do my best if I think there is pleasure in the first place.

The following works (lyrics and music scores) by Mr. Shunichi Makaino posted at the end of the book are all great hit songs, and anyone who knows baby-boomer generation knows it. Nostalgia has begun to emerge from Amachi Mari's "Love Summer Day". At that time I was a junior high school second grader and I listened to it over and over with records.

○ Between the night and the morning (Peter)

○ Laugh and forgive (Akiko Wada)

○ You are too beautiful (Goro Noguchi)

○ Samba of Ladybug (Cherish)

○ Summer days in love (Amachi  Mari)

○  Erimo Misaki (Shinichi Mori)

○ Ishikari Elegy (Kitahara Milay)

○ Kitasakaba (Takashi Hosokawa)


お知らせ

ピックアップリスト

バナー

リンク集

コンテンツに戻る

お電話でのお問い合せはこちら(10時〜18時)

0587-53-5124