お知らせ

 ムード歌謡を含めてバラードナンバーでファンを魅了し続けていた竹島宏さん。前作の「恋町カウンター」で踊る歌謡曲に初挑戦し、見事に新境地を開きました。
 実は「恋町カウンター」のインタビューをした時には、スタジオで恋町ダンスを私の前で披露してくれましたが、この竹島くんがと戸惑った記憶がありますが、今回の踊る歌謡曲の第2弾「噂のふたり」では、スッカリ板についた感じでした。
 さて「噂のふたり」は、昭和歌謡の黄金時代を感じさせるワクワクさせる作品で、ステージでは、今度は「噂のダンス」でファンから喝采をうけています。
 というより、前作からファンになったという新しいファンと、以前からのファンが揃って「噂のダンス」を自分達も取り入れて盛り上がっています。
 デビュー17周年、歌手としてもあぶらが乗った竹島宏さん。まさに今後の活躍から目を離せません。

松原敬生の千客万来

投稿:2019年5月9日

Hiroshi Takeshima who continued to attract fans with ballad numbers including mood songs. I challenged the song for the first time to dance with the previous work "Koimachi Counter", and opened a new front.
In fact, when I interviewed "Koimachi Counter", he showed me the Koimachi dance in front of me in the studio, but I have a memory that this Takeshima-kun was puzzled, but this is the second song of this dance song In the bullet "Future of two", it was a feeling attached to the Sukkari board.
By the way, "The Rumor's Futari" is an exciting work that makes you feel the Showa Kayo's Golden Age, and on the stage this time, it receives enthusiasm from fans for "Rumor's Dance".
Rather, new fans who have become fans since the previous work and fans who have been there for a long time are bringing in the "dance of rumors" by themselves.
Hiroshi Takeshima, who has made a great debut 17th anniversary. We just keep an eye on future activities.

松原敬生の千客万来


お知らせ

お電話でのお問い合せはこちら(10時〜18時)

0587-53-5124