お知らせ

昨夜、たまたまテレビで「直撃!シンソウ坂上」を見た。

GACKT 大豪邸生活支える“巨額ビジネス”明かすといった内容で、マレーシアで不動産業を手がけ、世界の富裕層に高級物件を提供しているという。

興味深いのは、将来CDが売れない時代がやってくる。音楽だけでは稼げなく、お金を稼ぐためのビジネスを始めたということ。

音楽業界を席巻したシンガーソングライターにあってもCDが売れなくなると見越して手を打っていたのかと改めて驚かされた。

日本の音楽業界は、レコードビジネスを柱に展開してきたと思うが、 レコード産業に依存した音楽ビジネスは成立しなくなったようだ。

アーティストや楽曲のタイプによって戦略は違ってくるが、ステージで稼ぐことが柱になるであろう。

今の状況では通信カラオケの著作権料とか、YouTubeでの再生回数が増えても歌い手には印税が入る事がない。

今後、この業界では歌い手にお金が流れる仕組みを作らないと、秀逸な歌手を輩出することが難しくなると思われる。

https://singerpro.me

投稿:2019年5月3日

Last night, I happened to watch on TV "Shoot! Shinso Sakagami".

GACKT With a content such as "big business" to support large-scale residence living, he is engaged in the real estate business in Malaysia and offers high-class properties to the wealthy people in the world.

The interesting thing is that the era  will come when CDs will not sell in the future. We can't make money with music alone, and I have started a business to make money.

Singer-songwriters who swept the music industry were surprised at whether they were taking a hand in anticipation that CDs would not sell well.

Japan's music industry has developed recording business as a pillar, but it seems that the music business relying on the recording industry can not be established.

Strategies vary depending on the artist and the type of music, but earning on the stage will be the pillar.

In the current situation, copyright fees for online karaoke, and even if the number of views on YouTube is increased, no royalties will be paid to singers.

In the future, it will be difficult to produce excellent singers in this industry unless money is made to flow to singers.


お知らせ

お電話でのお問い合せはこちら(10時〜18時)

0587-53-5124