名大陸上部

先頭を走る中村くん

先頭を走る中村くん

2006年名岐駅伝が、2月5日、岐阜県大垣市から名古屋市中区の中日新聞社前までのコースで行われ、一般の部(大垣-名古屋間、6区間53.0キロ)において名古屋大学が2時間41分54秒で総合12位(大学間順位では1位)の成績を飾りました。


クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。

1区では名大エースの中村くんがスタートの号砲が鳴るや否や果敢に飛び出し、2番手以下の選手を大きく引き離すダントツのトップで目の前を駆け抜けていきました。


2番手、3番手の選手に並ばれたのちも先頭集団に懸命に食らいつき奮戦の末6位で2区の本田くんにタスキをつなぎました。


トップの愛三工業との差は38秒、4位のNTNとは6秒、5位の八千代工業とはわずか4秒差でした。


10000m27分台、28分台の超一線級の選手たちと互角に戦えたことは本当に素晴らしく、


3年前に同じく名古屋大学の内藤くんが果たした1区4位の快走に勝るとも劣らない感動が心に蘇ってきました。


中村くんの快走に続く2区本田くん、3区内藤くん、4区伊藤くん、5区森本くん、6区藤永くんたちは試験期間中などもあり、決して万全の状態で臨んだレースではなかったように思いますが、藤永くんに至っては座骨神経痛を患っていたようですが、ブレーキする選手がでることもなく、ほぼ全員がベストに近い走りができたのは幸いでした。


学生トップの座を譲らなかった名古屋大学はやはり強かったという印象を受けたレースでした。

○レースの模様のビデオを下記のホームページに
 公開していますので、どうぞご覧下さい。

 2006名岐駅伝のムービー


お電話でのお問い合せはこちら(10時〜17時)

0587-53-5124